第2BASEのBIG大工チャンネルもよろしくお願いします!!
スポンサーリンク

屋根勾配の求め方 

大工の専門用語

木造住宅の屋根に使われる屋根材はある程度勾配がないと葺けなかったりします。
平均3寸勾配~5寸勾配ぐらいが一般的です。

スポンサーリンク

屋根勾配の求め方

屋根の勾配は「3寸勾配」「4寸勾配」など
尺貫法の長さの単位で表されるので あまりピンと来ないと思いますが、簡単にいうと、
10行って3上がるのが3寸勾配
10行って4上がるのが4寸勾配です。

3寸勾配

したがって、1mの距離で30㎝上がれば3寸勾配になりますし、2mで60㎝上がっても同じく3寸勾配です。
勾配の求め方は 高さ÷距離×10 で何寸勾配か分かります。
また、距離×勾配÷10 で母屋の高さが出ます。

モジュールが910㎜の場合、母屋や小屋束は大体モジュールと同じピッチで配置しますので、
4寸勾配の場合、軒先に一番近い母屋の高さは 910×4/10=364 になります。
その次にある母屋(又は棟木)の高さは 1820×4/10=728です。

4寸勾配910モジュールの小屋組み
甚五郎
甚五郎

勾配を角度で表すと↓↓

10寸(1尺)勾配は矩勾配ともいいます。
はむお
はむお

4寸勾配っていわれても
具体的にイメージわかねえけど…

甚五郎
甚五郎

3寸までは緩やかだが、大体

4寸辺りから注意しないと道具が転がり、
5寸を超えると足元が滑りだすのでちょっと怖くなるね。

甚五郎
甚五郎

6寸を超えたら完全に屋根専用足場がないと仕事ができないな。

甚五郎
甚五郎

矩勾配ぐらいになったら、ほとんど
壁にへばりついて仕事する感じだな。

はむお
はむお

大工さんも命がけだな。

タイトルとURLをコピーしました